2019年06月04日

犬の医療費

DSCPDC_0002_BURST20190602065447381_COVER.JPG


かわいいこととわがままなことで評判の、うちの犬です。
おかげさまで、大変元気に日々過ごしています。

ですが我が犬ももう10歳。
お年ごろと共に、病院に行く回数や薬が増えてきました。
当然保険はききませんので、実費負担がどーんとのしかかってきます。

犬の医療費と言えばまず、毎年受ける狂犬病ワクチンと混合ワクチン。注射です。
そしてフィラリア予防薬。4月くらいから11月くらいまで、毎月飲ませます。
そしてフロントライン。ノミダニ予防薬です。
一昨年くらいまでは、これだけでした。

しかし現在、毎日欠かさず飲む薬が2種類あります。
薬と言ってもサプリメントに近い感じなのですが、関節のための薬と筋肉のための薬です。
これを毎月貰いに行くため、フィラリアの時期が終わっても病院通い。

果たして毎回どれくらいかかっているのかと言いますと…先月は9,720円でした。
年間で一番跳ね上がる、予防接種の時で18,570円。
市役所に届け出をすると鑑札代600円取られるので、もう約2万円ですね。

ああ恐ろしい。

でも、何と言ってもかわいい我が子のためです。
何かあった時に後悔したくないというのもあります。そう思うと自分のためかも。

そういう私は、自分の医療費ほぼゼロなので、つまり差し引きゼロということになりますよね。
ならないか。

今は元気に散歩している犬も、今後もっと歳をとってなかなか動けなくなるかもしれない。
そうなったらペット用カートを買おう、室内犬にしてあげよう、ベッドで一緒に寝よう、
などとほっこりシニア犬ライフを想像して思わずニヤニヤしてしまう、
親バ…いや犬想いすぎる飼い主なのでした。


うっしー@FL
posted by しびろぐU at 19:42| 千葉 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする